エコツアーガイドの報告です。

2018.07.28 Saturday

0

     本日のお客様は東京からクラブツーリズムの「女性ガイドと歩く伊吹山」という女性限定の企画でお越しいただいた11名様でした。

     トップシーズンでもあり台風の接近が気になり数日前から心揺れる担当ガイドでしたが、台風より早くご到着で適度なミストと琵琶湖から吹き上げる風に癒されつつ快適でさわやかなハイキングを楽しんでいただけたようです。

     皆様、植物に強い関心を持たれて写真を撮りメモを取り、熱心な質問もありありでガイド冥利の2時間でした。風が強くなったころに無事下山となりました。また季節を変えてのご来山を心からお待ち申し上げております。

     

     報告は、C−NAでした。

    ボランティアガイドの報告です

    2018.07.27 Friday

    0

       

      ボランティアガイド6日目は、F、nao、サム、ワンちゃん、イッシー、鈴鹿の翡翠の6名で行いました。

      西登山道の当会が保全管理しているシモツケソウ再生地と山頂に分かれガイドを行いました。シモツケソウ再生地では、シモツケソウ保全の取り組みを説明、山頂では伊吹山の概要を説明し、山頂一帯に咲く花をゆっくり歩きながらガイドを行いました。

      シモツケソウが見頃を迎え、シモツケソウ再生地前では、西登山道を汗かきながら登ってこられた登山者が、一面に咲き誇ったシモツケソウを目の前に歓声をあげられておられました。

      シモツケソウ、ルリトラノオ、コオニユリ、メタカラコウ、シシウド、シュロソウなどが見頃で、サラシナショウマ、ツリガネニンジン、アキノキリンソウ、クサボタン、キンミズヒキ、イブキトリカブトなど秋の花も早くも咲き出しました。今年は花の開花が早いです。

      報告は、鈴鹿の翡翠でした。

      エコツアーガイドの報告です

      2018.07.26 Thursday

      0

        もりびとの会の皆さん お久しぶりです。

        もう、会への空白、五年になりましょうか、体調回復を得て、この度、復帰させて頂きました、イッシーです。

         

        さて早速、723日に朝日旅行/ビューフリー水戸様(28)を案内いたしました。

        ライチョウさんと二人で、って言うか 負んぶに抱っこされの同行でしたけど…。

         

        バラとウメが象徴の水戸御一行さま、豊公園のグラツィエ前泊だったらしくリッチな旅ですね。

        彦根城内堀の黒鳥と不断桜は水戸市から贈られたもの。…案内に気合いが入ります。

         

        案内した午前840分〜正午までの時間帯は、伊吹山日和らしからぬ快晴日で、山頂花巡りも人出も少なく快適でした。

         

        元気な花たちとの再会。おんや〜!? あれは白のシモツケソウ やん!

         

        おおっ! グンナイフウロが まだ綺麗に1本残ってるぞ!

         

        え〜っ! ワレモコウが もう咲いてるやん…と、新鮮な驚きで始まります。

         

        メタカラコウ、キオン、トモエソウ、オトギリソウ、ウツボグサ、クルマバナ、ツリガネニンジン、シュロソウ、フウロ三姉妹、オオバギボウシ、コオニユリ、キヌタソウ、イブキボウフウ、ミヤマトウキ、コバノミミナグサ、クガイソウ、ルリトラノオ、カワラナデシコ、キンバイソウ、イブキトラノオ、キバナノレンリソウ、クサフジetc でした。

         

        いゃ-感動を貰いました。

         

        東の筑波・西ノ富士、朝日旅行の皆さまありがとうございました。

        もりびとの会の皆さんこれからもよろしくお願いします。

         

        報告は、イッシーでした。

        エコツアーガイドの報告です

        2018.07.24 Tuesday

        0

           本日のお客様は毎年長野県からお越しになるおなじみの裾花観光の13名様でした。

           山歩きに慣れた健脚の男女がアルプスの麓から伊吹山へようこそです。

           連日の猛暑で山の気温も例年より高く日差しも強い中次々と現れる花を一つ一つ熱心に観察されました。

           シモツケソウ、クガイソウに続きコオニユリ、ルリトラノオ、シュロソウ、イブキジャコウソウ、ウツボグサなどが見頃を迎えています。季節を変えてまたのお越しをお待ちしています。

           報告は、C−NAでした。

           

          事前研修会の報告です

          2018.07.22 Sunday

          0

             

            ボランティアガイドを直前に控え、7月21日(土)に会員の研修会を行いました。

            午前中は、ジョイいぶきで、伊吹山の気象や地理、歴史など概要から、夏に咲く花の学習会を行いました。

            午後からは、山頂へ上がり、花をじっくり観察しながら、ゆっくり西登山道を登りました。

            シモツケソウ、コオニユリ、ルリトラノオが開花し、夏の主役の花たちが出揃いました。伊吹山山頂は、一番、華やかな季節となります。

            夜は対山館さんに宿泊し、山小屋の方も含めて親睦を深めました。気象条件が、非常に良かったため、夕日、朝日とも見ることができました。夜の星空もとても綺麗でした。

            報告は、鈴鹿の翡翠でした。

             

             

            エコツアーガイドの報告です。

            2018.07.20 Friday

            0

               

              九州からのお客様10名を西登山道から中央登山道のコースでご案内しました。
              快晴で午前中でもあり、気温が上がる前に快適なハイキングを楽しんでいただきました。


              伊吹山の気候風土、植生の豊かさ、厳しい環境や地形にも関心を寄せられて咲いている花だけでなくまだ蕾のワレモコウやサラシナショウマなどについても、熱心な質問をいただきました。トップシーズンに入った伊吹山を語るには時間が足りません。
              またのご来山をお願いしてお見送りしました。

              報告は、C−NAでした。

              保全作業の報告です

              2018.07.18 Wednesday

              0

                 

                 

                4名の会員でシモツケソウ群落再生試験地のフェンスの修理を行いました。積雪と鹿により北側と西側が大きく破れ支柱の固定から外れ、垂れ下がっている為、一時的補修をしたものです。

                シーズンが本格化したようであり、山頂に向かう登山者が多く見受けられました。駐車場には、バスが15台ほど駐車をしていました。

                報告は、山さんでした。

                保全活動の報告です。

                2018.07.17 Tuesday

                0

                   

                  6名の会員で、擬木の撤収および搬出を行いました。

                  過去2回の作業で、不要擬木の撤収で約70本を日本自動車道の8合目駐車場敷地内に仮置きしており、伊吹庁舎資材置き場に搬出を行ったものです。

                  軽トラックに積載量オーバーなく規定範囲内に積み込み注意の上、松っちゃんと私の2名で下山しました。あとの4名は、自然観察会に合流しました。

                  報告は、山さんとモーリーでした。

                  自然観察会の報告です

                  2018.07.17 Tuesday

                  0

                    7月の自然観察会は、猛暑の中での開催となりました。今年は花が1週間以上早いようで、真夏の花が咲き競っていました。

                    観察した花は、シモツケソウ、キンバイソウ、イブキフウロ、クガイソウ、メタカラコウ、イブキジャコウソウ、ミヤマトウキ、シュロソウ、イブキトラノオ、ヤマアジサイ等々でした。

                    今日は植物観察だけでなく、途中米原市伊吹山文化資料館から高橋順之氏に来ていただき、「伊吹山の歴史とくらし」について話をききました。

                    報告は、シャラでした。

                    伊吹山・山頂の花

                    2018.07.14 Saturday

                    0

                       

                      来週末から始まるボランティアガイドを直前に控え、伊吹山山頂の花の様子を見てきました。西登山道から山頂に上り、東登山道を下ってきました。平地では、本日も猛暑となりましたが、伊吹山山頂は、平地より10度程気温が低く、また時おり吹く風が心地よいです。3連休ということもあり、ドライブウェイから、また登山道から、多くの人が山頂を目指していました。私も西登山道の途中からバスで来られたという親子の方と山頂まで、花の話をしながら登りました。

                      琵琶湖方面は、雲海が広がり、眺望は望めませんでしたが、東から北方面は、きれいに晴れ渡り、御岳山や白山が見えました。

                      今、見頃で目立つ花は、イブキトラノオ、ヤマアジサイ、オオバギボウシ、ヤマホタルブクロ、ホタルブクロ、キバナノカワラマツバ、キンバイソウ、ミヤマコアザミなど初夏の花々です。

                      カノコソウ、シモツケ、コバノミミナグサ、カラマツソウ、ヒヨクソウ、バイケイソウ(東登山道)も、見頃は過ぎていますが、まだ見られます。

                      クガイソウ、メタカラコウ、シシウド、イブキフウロ、イブキジャコウソウ、カワラナデシコなど真夏の伊吹山山頂を彩る花も咲き出しました。

                      伊吹山山頂のボランティアガイドは、7月22日(日)から8月5日(日)の期間、平日は午前11時からの1回、土・日曜日は午前11時からと午後030分からの2回開催します。緑の腕章をつけた本会の会員が案内します。是非、お越しください!

                       報告は、鈴鹿の翡翠でした。