7月17日夜の伊吹山

2011.07.20 Wednesday

0

    夕暮れの山頂、霊仙は雲がかかっておりました


    琵琶湖の向こうの山に沈む夕日


    琵琶湖を囲む滋賀の夜景。手前が長浜、左が彦根です。花火が上がってたら最高の画になります


    ガスがかかった月夜の南弥勒堂


    弥勒堂の上にはカシオペア座がキレイに輝いてました


    日本武尊像の上には北極星と北斗七星が?・・・・・カメラを縦に構えるべきでした。

    日付が変わるころから強烈な風と霧でお目当てのヒメボタルは見られませんでしたが
    360度満天の星空と夜景はロマンチックな気分にさせてくれ お薦めです。
    夜は気温が下がりますから長袖が必要です。

    報告は、はりんこでした

    7月17日の伊吹山(会員研修会の報告です。)

    2011.07.17 Sunday

    0

      【見頃を迎えたキンバイソウ】
       ボランティアガイドを間近に控えて、会員の研修会を行いました。
       午前中は、岐阜薬科大学名誉教授の水野先生をお招きして、伊吹山の薬草について講義を受けました。同じ植物の根でも美濃地方と近江地方では、採取する時期が異なり、読み方が違うことや、薬草全般に係る歴史など興味深いお話を聞くことができました。

       昼食を挟んで、午後からは、伊吹山山頂でボランティアガイドのリハーサル。3連休の中日ということで、山頂は多くの人で賑わっていました。

      【研修しながら、またガイドしながら西遊歩道を上がります。】


      【見晴らしも良く、琵琶湖やお江の里「小谷山」もくっきり】

       花はキンバイソウ、キバナノカワラマツバ、ヤマアジサイ、ミヤマコアザミ、イブキトラノオが見頃です。シシウド、クガイソウ、メタカラコウ、コオニユリも咲き出し、夏の主役が揃ってきました。

      【カラマツソウ】


      【クガイソウ(紫)とメタカラコウ(黄)】


      【イブキトラノオ と エゾフウロ】


      【オオバギボウシ と コオニユリ】


      【ホタルブクロ と ヤマホタルブクロ】


      【シシウドとクサフジ】


      【ヤマアジサイとウスイロカワラマツバ】


      【集合写真】

      ○見られた花(西コース〜東コース)
      アカショウマ、アカソ、イタドリ、イブキトラノオ、イブキフウロ、イワアカバナ、ウスイロカワラマツバ、ウツボグサ、エゾフウロ、オオバギボウシ、カノコソウ、カラマツソウ、カワラナデシコ、キヌタソウ、キバナノカワラマツバ、キバナノレンリソウ、キンバイソウ、クガイソウ、クサフジ、クモキリソウ、クルマバナ、コオニユリ、シシウド、シモツケ、シロツメクサ、ダイコンソウ、タカトウダイ、ツルアジサイ、ニッコウキスゲ、ノリウツギ、バイケイソウ、ハルジオン、ヒメウツギ、ヒメフウロ、ホタルブクロ、ミツモトソウ、ミヤマコアザミ、ミヤマトウキ、メタカラコウ、ヤマアジサイ、ヤマホタルブクロ、ヨツバヒヨドリ

       報告は、鈴鹿の翡翠でした。 

      7月9日の伊吹山(エコツアーガイドの報告です。)

      2011.07.09 Saturday

      0
         クラブツーリズム東京様ご依頼の山頂ガイドへ早目に家を出る。道すがら見る今日の伊吹山は 雲一つないくっきり明瞭、稀に観る山容です、綺麗だなぁ。
         ドライブウェイ料金所前に、お互いに予定より早い12時15分合流です。 
          〔長良川鵜飼と伊吹山の高山植物〕パーティ八名様。「グランドステージ四季の華」を掲げるだけに最上級ブランド旅行ですよ(セレブです何処までも随いて行きたかった〜)。  …で、車中ガイドは、洋々の淡海 琵琶湖の話に集中してしまったのであります。 八名中三名様がタケル像に至りました。西遊歩道を往復しました。
         ヒメフウロ、カノコソウ、シモツケ、ミヤマコアザミ、クサフジ、ウツボグサ、ニッコウキスゲ、キバナノレンリソウ、イブキトラノオ、シシウド、ヤマホタルブクロ、ヤマアジサイ、クモキリソウ、ダイコンソウ等々を間近に楽しんだ2時間余の散策でした。ちょっと異常に暑かったかな。

         報告は、池田湖・イッシーでした。

        伊吹山 山開き

        2011.07.04 Monday

        0
           
           
           7月3日上野区主催の恒例の伊吹山山開きに本会より3名が出席しました。
           参列者は上野区長(主催)、副区長(司会)、米原市長、議会副議長、警察、消防のトップ等の参列の元に登山者の安全と伊吹山に関わる人々の安全祈願が一合目の白山神社で厳かに執り行われました。

          【白山神社での山開き安全祈願】


          【泉米原市長挨拶】


          【玉ぐし奉納で安全祈願する本会のKEN】

          7月3日の伊吹山

          2011.07.03 Sunday

          0
             

             
            【ニッコウキスゲ】
             昼から、伊吹山山頂を訪れました。曇り時々晴れの梅雨時期としては上々の天候。カッコウ、ウグイス、ハルゼミの声を聞きながら、気持ちの良い汗をかきました。

            【イブキトラノオ】

            【シモツケ】

            【ミヤマコアザミ】
             山頂のお花畑は、暦が変わると主役も変わるのか^^、一週間前のクサタチバナ、グンナイフウロから、イブキトラノオ、アカショウマ、キバナノレンリソウ、ミヤマコアザミ・・・に変わっていました。ニッコウキスゲ、バイケイソウが開花、キンバイソウ、キバナノカワラマツバの蕾も目立ち始め、花を見ながら山頂を散策する時間がどんどん長くなりそうです。

             

            【バイケイソウ】


            【見慣れた風景の中に旧測候所(昨秋撤去)の建物がないのは、少し寂しい気がします。】下↓の写真は昨年6月8日の写真です。

            本日見られた花(西・東コース)

            アカショウマ、イヌガラシ、イブキシモツケ、イブキトラノオ、イブキノエンドウ、ウマノアシガタ、エゾフウロ、オオナルコユリ、オドリコソウ、カノコソウ、カンボク、キクムグラ、キバナノレンリソウ、キバナハタザオ、クサタチバナ、クサフジ、グンナイフウロ、コバノミミナグサ、シモツケ、シロツメクサ、スイバ、セイヨウタンポポ、ダイコンソウ、タカトウダイ、タチイヌノフグリ、ツルアジサイ、ナガエコナスビ、ニガナ、ニッコウキスゲ、バイカウツギ、バイケイソウ、ハナヒリノキ、ハルジオン、ヒメフウロ、ヒメレンゲ、ヒヨクソウ、ホウチャクソウ、マメグミ、マユミ、ミヤマイボタ、ミヤマコアザミ、ヤマアジサイ、ヤマガラシ

             報告は、鈴鹿の翡翠でした。

            6月26日の伊吹山(東遊歩道保護柵補修作業報告)

            2011.06.26 Sunday

            0


               昨日の続きの作業を4人で行いました。新たに杭が必要な個所は、杭を埋め込み、また杭がぐらついている箇所は、しっかり固定し、ロープが緩んでいる箇所も弛みをなくしたり、新たに張り直したりしました。
               霧が立ち込めていましたが、雨に降られることもなく、順調に作業ができ、昼過ぎには作業を終えました。KENさん、ロードさん、Oさん、お疲れさまでした。





              【きれいに補修できました。】 
               
               【行き帰りは、ガイドしながらいきます。】

               花は、クサタチバナ、グンナイフウロ、カノコソウ、ヒヨクソウ、コバノミミナグサが見頃です。花を見るならば西コースを歩くのが良いでしょう。イブキトラノオ、キバナノレンリソウ、イブキノエンドウも開花しだしました。ミヤマコアザミ、ニッコウキスゲ、バイケイソウも蕾が目立ちはじめましたので、開花も間近でしょうか。

              ○本日見られた花(西・東コース)
              イヌガラシ、イブキシモツケイブキトラノオ、イブキノエンドウウマノアシガタ、オオナルコユリ、オオマムシグサ、オドリコソウ、オランダミミナグサ、カノコソウ、カマツカ、キクムグラ、キバナノレンリソウ、キバナハタザオ、クサタチバナ、クモキリソウ、グンナイフウロ、コバノミミナグサ、サワフタギ、シロツメクサ、セイヨウタンポポ、タカトウダイ、タチイヌノフグリ、ツルアジサイ、ハクサンハタザオ、ハルジオン、ヒメウツギ、ヒメフウロ、ヒメレンゲ、ヒヨクソウ、マメグミ、マユミ、ヤマガラシ

               報告は、鈴鹿の翡翠でした。

              東遊歩道保護柵補修作業報告

              2011.06.25 Saturday

              0
                 

                 本日、「伊吹山を守る会」要請の東遊歩道の保護柵補修作業を6名の会員で実施しました。
                 AMは曇りでガスが濃い中での作業でしたが思いの外、杭の補修作業は少なく7割をロープの補修作業に費やしました。
                 PM1時頃から強い雨と雷が鳴り、補修作業にめどが付いた1:30に作業を打ち切り下山、8合目駐車場についたとたん青空が覗き日が照りました。


                 第一ドリーネ近傍の補修が残りましたが明日(6/26・日)に残りと東遊歩道路面補修第2次工事の手直しを行う予定です。
                 報告はKENでした。




                【補修されたロープ】

                東遊歩道の第2次路面補修作業

                2011.06.19 Sunday

                0
                  6月18日(土)会員7名で山頂東遊歩道の補修を行いました。西遊歩道

                  作業風景-1
                  許可の降りた区域を枕木で階段を作る作業を行いました

                  作業風景-2
                  幸か不幸か丁度、雨降りで滑りやすい箇所の確認が容易でした

                  作業風景-3

                  作業風景-4
                  補修後、路面はぬかるんでおりますが2008年10月に行った場所は歩きやすくなっており、時間が経てば土も馴染むと
                  思われますので、東遊歩道を散策される方は暫くの間、足元の汚れに気をつけて下さい。

                  今はグンナイフウロとクサタチバナが山頂一帯に見頃を迎えております
                  クサッチバナの群生
                  クサタチバナの群生(西遊歩道)

                  クサタチバナ
                  クサタチバナ

                  グンナイフウロ
                  グンナイフウロ

                  オオマムシグサ
                  オオマムシグサ(西遊歩道山頂近く)

                  ノビネチドリ
                  ノビネチドリ(西遊歩道)

                  少し作業が残りましたが近日中に完了します。

                  報告はharinkoでした

                  伊吹山三合目ユウスゲ保全活動

                  2011.06.17 Friday

                  0
                    6月14日(火)好天に恵まれ吹き抜ける風もさわやかな活動日和、3合目お花畑のススキ刈作業を行いました。
                    地元上野区のみなさんと会員のボランティア総勢17名でユウスゲ群落の中で、ススキとユウスゲを
                    かき分けながらの手作業です。
                    作業風景
                    蕾をつけたササユリやナルコユリ、カワラナデシコ、咲き始めたハクサンフウロなどを誤って刈らないように
                    慎重に慎重を重ねて根気のいる作業ですがやがて黄色い群落を広げるユウスゲの景色を思い浮かべながら和気
                    あいあいと楽しく進めることができました。

                    画像は長年3合目の保全活動をされておられる森先生のミニ観察会で見られたお花畑の花々です。
                    ミヤマコアザミ
                    ミヤマコアザミ

                    アヤメ
                    アヤメ・・・・・お薦めです

                    イブキノエンドウ
                    イブキノエンドウ(伊吹野えんどう)

                    キバナハタザオ
                    キバナハタザオ

                    ゲンノショウコ
                    ゲンノショウコ

                    スキー場の閉鎖で環境保護が危惧されている3合目ですが お花畑は地元ボランティアの皆さんとともに
                    定期的に保全を行ってお花畑の維持に努めております。
                    登山の行きかえりに足を止めてお花畑をお楽しみください。観察会をご希望の方はもりびとの会にお知らせください。

                    報告はC−NAでした

                    第3回自然観察会 伊吹北尾根

                    2011.06.12 Sunday

                    0
                       6月12日、参加者15名 10時前に国見峠到着、ストレッチ後に登山道へ 前日までの雨でウェットな登山道は
                      滑りやすく、特にガレ場は注意が必要でしたが花を見ながら山を歩くとみんな話がはずみます。

                      風景
                      曇り空の割には遠くの山々が良く見えました(KDDI管理地から)

                      コマユミ
                      コマユミ

                      コンロンソウ
                      コンロンソウ

                      ミヤマハコベ
                      ミヤマハコベ

                      ハクサンハタザオ
                      ハクサンハタザオ(ピンクが多く見られます)

                      ツリバナ
                      ツリバナ

                      ヒメフウロ
                      ヒメフウロ(咲き始めで色がキレイです)

                      フタリシズカ
                      フタリシズカ

                      エビネ
                      今回の本命はエビネとコケイラン、時期としてはバッチリでみんな大満足
                      コケイラン

                      モリアオガエルの卵
                      国見峠までの道中にあったモリアオガエルの卵、梅雨ですね!

                      心配された天気は曇空で適度な風が吹き 日射しがない分気温も上がらず動きやすい日になりました。
                      駐車場に下りて帰り支度をしていたら雨が降り出しラッキーな一日
                      花の北尾根と言われるだけあって何時訪れても新鮮な感動が得られる道です
                      もうすぐニッコウキスゲが見られるでしょう。

                      報告 はりんこ