平成30年度 第7回理事会

2018.09.08 Saturday

0

    今年度7回目の理事会をジョイいぶきで開催しました。夏の活動の振り返りやシモツケソウ群落保全等について話し合いました。

    保全作業の報告です

    2018.08.22 Wednesday

    0

      本日は、シモツケソウ再生地内の除草作業を行いました。

      台風の接近で南東の風が強い中、フェンス内の西側を中心に、フジテンソウやアカソ、ヨモギをカマで苅り取りました。
      報告は、F&モーリーでした。

       

      自然観察会の報告です。

      2018.08.17 Friday

      0

        8月の自然観察会が晴天の下で実施されました。参加者は全部で16名。遠く東京や名古屋からの方もありました。

        西登山道から登り、山頂でランチ。午後は東登山道を下りました。サラシナショウマやイブキトリカブト等秋の花がたくさん観察できました。

        何といっても今日は最高のお天気でした。御嶽山や白山、琵琶湖の風景や名古屋のビル群まで見え、山頂からの眺望が楽しめました。

        報告は、シャラでした。

         

        山の日イベントの報告です

        2018.08.11 Saturday

        0

          伊吹山ドラブウェイ主催の山のイベントに11名の会員が協力させていただきました。5班に分かれ、西登山道に常駐し、花のガイドを行いました。

          本日は、家族連れや友人同士の登山が多かったように思えました。多くの方にルリトラノオをはじめ、シモツケソウ、ツリガネニンジン、イブキフウロ、イブキジャコウソウ、サラシナショウマなど夏から秋に移ろいゆく伊吹山の花を案内させていただきました。

          これを機に、伊吹山の花や環境保全に関心を持っていただけるととても嬉しいです!

          来年の山の日も楽しみです。

           

          報告は、鈴鹿の翡翠でした。

           

          ボランティアガイドの報告です

          2018.08.05 Sunday

          0

            ボランティアガイド最終日は、6名の会員(F、ロード、はりんこ、naoteru、鈴鹿の翡翠)が、山頂、シモツケソウ再生地、西登山道に分かれ、ガイドを行いました。

            今日も一日中、ガスがかからずに、琵琶湖が望める良い天気に恵まれました。日曜日ということで多くの登山者がありましたが、家族連れが目立ちました。

            山頂の開花状況(西登山道)は、ルリトラノオが見頃を迎えています、美しい瑠璃色の穂をあちらこちらで見ることができます。伊吹山にお越しの皆様、伊吹山でしか見られないルリトラノオを是非、覚えて帰って下さいね。

            アキノキリンソウ、ソバナ、イブキゼリモドキ、シオガマギクなど秋の花も次々と開花しており、多くの種類の花を見ることができます。

            報告は、鈴鹿の翡翠でした。

            エコツアーガイドの報告です

            2018.08.04 Saturday

            0

               クラブツーリズム第2国内 41名様のガイドにシャラさんと行ってまいりました。

               東京からのお客様、長浜(琵琶湖のロングビーチ)で前泊され[近江牛を味わい]そして[雲上の楽園・花咲く伊吹山頂]…と、文字通りグルメと絶景の旅ですねぇ!!

               山頂 9時〜12時、3時間の周遊です。視界遮る雲はありません。句聖芭蕉の碑が先ず目に入りました。当意即妙な句ですね。

              この天気です私は「そのままよ 琵琶湖もたのまじ 伊吹山 」と、アレンジしてみました。

              (例え)琵琶湖が見えなくとも霧に覆われ水滴に暉る花たちの伊吹山のそのままがあれば十分ではないかと、…まばらな笑いが反ってきました。

               シモツケ再生地のバネル前で緑の腕章のれいさんと出会いました。れいさんにネット内の説明をお願いしますと、これが良かった。保全への必要性と情熱と成果が、れいさんの優しい説明でツァーの皆さんに会の活動の理解が後々まで伝わっのです…れいさんありがとー。

               

               オオヒナノウスツボとマルバダケブキ、ウバユリが増えてきた様な ?

               

               

                〜ゆっくりと中央登山道を下り、皆さん口々に今後伊吹山がどう変貌していくのかと話しながらバスの人となりました。

               

               またお会いしたいですね。報告は、イッシーでした。

              エコツアーガイドの報告です。

              2018.08.04 Saturday

              0

                 

                 今日のエコツアーガイドは茨木県からの石塚サントラベルの20名様でした。

                 西コースから中央コース約3時間で昼食をはさんでゆったりしたペースで楽しんでいただきました。動物除けのネットを見て自然保護活動に強い関心を示されました。初夏から秋までの花が混在している山頂のお花畑に歓声があがります。

                 

                 気温20度前後の山頂とはいえ歩けば汗だくになります。熱中症やけがなどのないよう緊張感が途切れないように時々お客様の体調を気遣いながらのご案内です。

                 何事もなく無事に下山となり「今日は楽しかった〜」のお言葉にホッと胸をなでおろすガイドでした。

                 報告は、C−NAでした。

                 

                ボランティアガイドの報告です

                2018.08.01 Wednesday

                0

                   本日は、6名の会員で、西登山道、山頂そしてシモツケソウ再生地と3班に分かれ、花のガイドを行いました。

                   私は、山頂のお花畑ボランティアガイドに参加して山頂ドリーネ周辺のガイドを担当しました。

                   夏の花が見ごろになったドリーネを囲むように登山者がカメラを構えたりお弁当を広げたり、思い思いに楽しむ中で雷鳥さんが伊吹山の歴史や環境、草花について丁寧に解説した後に山頂を1週し、三角点から中央登山道降り口までご案内しました。

                   花の名前やエピソード、もぐさや草餅の原料となるヨモギの話、ショウジョウスゲと麓集落の関係、薬草となるシシウドやミヤマトウキ、固有種であるミヤマコアザミ、イブキフウロ、わずかに咲き残っていたキバナノレンリソウなどなど短い時間でしたが参加者の皆さんは熱心に興味深く聴いていただきました。ボランティアガイドは今週末まで続きます。

                   

                   報告は、C−NAでした。

                  エコツアーガイドの報告です

                  2018.07.30 Monday

                  0

                     クラブツーリズムのカルチャー旅行センターの23名のお客様は前日の千畳敷散策に続き、伊吹山山頂のお花畑のハイキングにお越しいただきました。

                     時折ひんやりとしたガスに覆われたお花畑はもうツリガネニンジンやワレモコウなどが咲き始めて秋の気配です。

                     

                     先の台風の影響が心配されたサラシナショウマは、傷みもなく花穂を伸ばしてところどころ咲き始めています。次々と途切れることなく咲いている花を一つ一つ丁寧に観察しながらも、この時期は存分に案内するには時間が足りません。またのご来山をお願いして名残惜しくお別れしました。

                     

                     報告は、C−NAでした。

                    エコツアーガイドの報告です。

                    2018.07.29 Sunday

                    0

                       昨日のエコツアーガイドの報告です。

                       「凉を求めて高原へ・・・可憐な高山植物が咲く伊吹山へ」。
                       長いタイトルですが、・・・部分に専門ガイドがご案内と入っているのです(誰か代わって!!)。
                       クラブツ-リズムロイヤル(16名)様は、揃ってウオーキングシューズで足元を固められ、装いは、このまゝ東京へ帰っても、新宿を歩ける軽装です。『凉を求めて』の謳い文句も頷けます、旅慣れているのですね〜。

                       きょうは、山頂 流れのない薄い霧の中ですよ…なのに、霧の上にスカイブルーの帯も重なっています。どなたかが『787に乗ってる気分ね 』と、…まさしく これはこれでまた初めての光景です。

                       パーティの中に、笑い上戸の女史が一人おられた。…花の名前の由来を話しする度に、身体を捩って他の人の笑いも誘発していたなぁ〜??…。アザミ、ヨモギ、ウバユリ、マユミ、フウロ三姉妹…が、そんなに可笑しいかなぁ!?。

                       クルマバナとイヌトウバナ、フウロ三姉妹、ミヤマトウキやボウフウ等、対比に関心を寄せられ、メモったり、熱心な御一行さんです。幾ら何でも早すぎ!?、イブキトリカブトの群落開花とマルバダケブキの観察で花巡りをシメました。

                       


                       お客様ファーストの添乗員さん時々刻々の気象の変化にも気遣われ感心していたのです。焼きりんごのドライフルーツ、甘くて美味しいですよ。わさびの茶漬け、辛-くて美味しいです。

                      いま頂いています。

                       楽しい一時、共々ありがとうございました…再見。 

                       

                       報告は、イッシーでした。