エコツアーガイドの報告です。

2018.08.04 Saturday

0

     

     今日のエコツアーガイドは茨木県からの石塚サントラベルの20名様でした。

     西コースから中央コース約3時間で昼食をはさんでゆったりしたペースで楽しんでいただきました。動物除けのネットを見て自然保護活動に強い関心を示されました。初夏から秋までの花が混在している山頂のお花畑に歓声があがります。

     

     気温20度前後の山頂とはいえ歩けば汗だくになります。熱中症やけがなどのないよう緊張感が途切れないように時々お客様の体調を気遣いながらのご案内です。

     何事もなく無事に下山となり「今日は楽しかった〜」のお言葉にホッと胸をなでおろすガイドでした。

     報告は、C−NAでした。

     

    ボランティアガイドの報告です

    2018.08.01 Wednesday

    0

       本日は、6名の会員で、西登山道、山頂そしてシモツケソウ再生地と3班に分かれ、花のガイドを行いました。

       私は、山頂のお花畑ボランティアガイドに参加して山頂ドリーネ周辺のガイドを担当しました。

       夏の花が見ごろになったドリーネを囲むように登山者がカメラを構えたりお弁当を広げたり、思い思いに楽しむ中で雷鳥さんが伊吹山の歴史や環境、草花について丁寧に解説した後に山頂を1週し、三角点から中央登山道降り口までご案内しました。

       花の名前やエピソード、もぐさや草餅の原料となるヨモギの話、ショウジョウスゲと麓集落の関係、薬草となるシシウドやミヤマトウキ、固有種であるミヤマコアザミ、イブキフウロ、わずかに咲き残っていたキバナノレンリソウなどなど短い時間でしたが参加者の皆さんは熱心に興味深く聴いていただきました。ボランティアガイドは今週末まで続きます。

       

       報告は、C−NAでした。

      エコツアーガイドの報告です

      2018.07.30 Monday

      0

         クラブツーリズムのカルチャー旅行センターの23名のお客様は前日の千畳敷散策に続き、伊吹山山頂のお花畑のハイキングにお越しいただきました。

         時折ひんやりとしたガスに覆われたお花畑はもうツリガネニンジンやワレモコウなどが咲き始めて秋の気配です。

         

         先の台風の影響が心配されたサラシナショウマは、傷みもなく花穂を伸ばしてところどころ咲き始めています。次々と途切れることなく咲いている花を一つ一つ丁寧に観察しながらも、この時期は存分に案内するには時間が足りません。またのご来山をお願いして名残惜しくお別れしました。

         

         報告は、C−NAでした。

        エコツアーガイドの報告です。

        2018.07.29 Sunday

        0

           昨日のエコツアーガイドの報告です。

           「凉を求めて高原へ・・・可憐な高山植物が咲く伊吹山へ」。
           長いタイトルですが、・・・部分に専門ガイドがご案内と入っているのです(誰か代わって!!)。
           クラブツ-リズムロイヤル(16名)様は、揃ってウオーキングシューズで足元を固められ、装いは、このまゝ東京へ帰っても、新宿を歩ける軽装です。『凉を求めて』の謳い文句も頷けます、旅慣れているのですね〜。

           きょうは、山頂 流れのない薄い霧の中ですよ…なのに、霧の上にスカイブルーの帯も重なっています。どなたかが『787に乗ってる気分ね 』と、…まさしく これはこれでまた初めての光景です。

           パーティの中に、笑い上戸の女史が一人おられた。…花の名前の由来を話しする度に、身体を捩って他の人の笑いも誘発していたなぁ〜??…。アザミ、ヨモギ、ウバユリ、マユミ、フウロ三姉妹…が、そんなに可笑しいかなぁ!?。

           クルマバナとイヌトウバナ、フウロ三姉妹、ミヤマトウキやボウフウ等、対比に関心を寄せられ、メモったり、熱心な御一行さんです。幾ら何でも早すぎ!?、イブキトリカブトの群落開花とマルバダケブキの観察で花巡りをシメました。

           


           お客様ファーストの添乗員さん時々刻々の気象の変化にも気遣われ感心していたのです。焼きりんごのドライフルーツ、甘くて美味しいですよ。わさびの茶漬け、辛-くて美味しいです。

          いま頂いています。

           楽しい一時、共々ありがとうございました…再見。 

           

           報告は、イッシーでした。

          エコツアーガイドの報告です。

          2018.07.28 Saturday

          0

             本日のお客様は東京からクラブツーリズムの「女性ガイドと歩く伊吹山」という女性限定の企画でお越しいただいた11名様でした。

             トップシーズンでもあり台風の接近が気になり数日前から心揺れる担当ガイドでしたが、台風より早くご到着で適度なミストと琵琶湖から吹き上げる風に癒されつつ快適でさわやかなハイキングを楽しんでいただけたようです。

             皆様、植物に強い関心を持たれて写真を撮りメモを取り、熱心な質問もありありでガイド冥利の2時間でした。風が強くなったころに無事下山となりました。また季節を変えてのご来山を心からお待ち申し上げております。

             

             報告は、C−NAでした。

            ボランティアガイドの報告です

            2018.07.27 Friday

            0

               

              ボランティアガイド6日目は、F、nao、サム、ワンちゃん、イッシー、鈴鹿の翡翠の6名で行いました。

              西登山道の当会が保全管理しているシモツケソウ再生地と山頂に分かれガイドを行いました。シモツケソウ再生地では、シモツケソウ保全の取り組みを説明、山頂では伊吹山の概要を説明し、山頂一帯に咲く花をゆっくり歩きながらガイドを行いました。

              シモツケソウが見頃を迎え、シモツケソウ再生地前では、西登山道を汗かきながら登ってこられた登山者が、一面に咲き誇ったシモツケソウを目の前に歓声をあげられておられました。

              シモツケソウ、ルリトラノオ、コオニユリ、メタカラコウ、シシウド、シュロソウなどが見頃で、サラシナショウマ、ツリガネニンジン、アキノキリンソウ、クサボタン、キンミズヒキ、イブキトリカブトなど秋の花も早くも咲き出しました。今年は花の開花が早いです。

              報告は、鈴鹿の翡翠でした。

              エコツアーガイドの報告です

              2018.07.26 Thursday

              0

                もりびとの会の皆さん お久しぶりです。

                もう、会への空白、五年になりましょうか、体調回復を得て、この度、復帰させて頂きました、イッシーです。

                 

                さて早速、723日に朝日旅行/ビューフリー水戸様(28)を案内いたしました。

                ライチョウさんと二人で、って言うか 負んぶに抱っこされの同行でしたけど…。

                 

                バラとウメが象徴の水戸御一行さま、豊公園のグラツィエ前泊だったらしくリッチな旅ですね。

                彦根城内堀の黒鳥と不断桜は水戸市から贈られたもの。…案内に気合いが入ります。

                 

                案内した午前840分〜正午までの時間帯は、伊吹山日和らしからぬ快晴日で、山頂花巡りも人出も少なく快適でした。

                 

                元気な花たちとの再会。おんや〜!? あれは白のシモツケソウ やん!

                 

                おおっ! グンナイフウロが まだ綺麗に1本残ってるぞ!

                 

                え〜っ! ワレモコウが もう咲いてるやん…と、新鮮な驚きで始まります。

                 

                メタカラコウ、キオン、トモエソウ、オトギリソウ、ウツボグサ、クルマバナ、ツリガネニンジン、シュロソウ、フウロ三姉妹、オオバギボウシ、コオニユリ、キヌタソウ、イブキボウフウ、ミヤマトウキ、コバノミミナグサ、クガイソウ、ルリトラノオ、カワラナデシコ、キンバイソウ、イブキトラノオ、キバナノレンリソウ、クサフジetc でした。

                 

                いゃ-感動を貰いました。

                 

                東の筑波・西ノ富士、朝日旅行の皆さまありがとうございました。

                もりびとの会の皆さんこれからもよろしくお願いします。

                 

                報告は、イッシーでした。

                エコツアーガイドの報告です

                2018.07.24 Tuesday

                0

                   本日のお客様は毎年長野県からお越しになるおなじみの裾花観光の13名様でした。

                   山歩きに慣れた健脚の男女がアルプスの麓から伊吹山へようこそです。

                   連日の猛暑で山の気温も例年より高く日差しも強い中次々と現れる花を一つ一つ熱心に観察されました。

                   シモツケソウ、クガイソウに続きコオニユリ、ルリトラノオ、シュロソウ、イブキジャコウソウ、ウツボグサなどが見頃を迎えています。季節を変えてまたのお越しをお待ちしています。

                   報告は、C−NAでした。

                   

                  事前研修会の報告です

                  2018.07.22 Sunday

                  0

                     

                    ボランティアガイドを直前に控え、7月21日(土)に会員の研修会を行いました。

                    午前中は、ジョイいぶきで、伊吹山の気象や地理、歴史など概要から、夏に咲く花の学習会を行いました。

                    午後からは、山頂へ上がり、花をじっくり観察しながら、ゆっくり西登山道を登りました。

                    シモツケソウ、コオニユリ、ルリトラノオが開花し、夏の主役の花たちが出揃いました。伊吹山山頂は、一番、華やかな季節となります。

                    夜は対山館さんに宿泊し、山小屋の方も含めて親睦を深めました。気象条件が、非常に良かったため、夕日、朝日とも見ることができました。夜の星空もとても綺麗でした。

                    報告は、鈴鹿の翡翠でした。

                     

                     

                    エコツアーガイドの報告です。

                    2018.07.20 Friday

                    0

                       

                      九州からのお客様10名を西登山道から中央登山道のコースでご案内しました。
                      快晴で午前中でもあり、気温が上がる前に快適なハイキングを楽しんでいただきました。


                      伊吹山の気候風土、植生の豊かさ、厳しい環境や地形にも関心を寄せられて咲いている花だけでなくまだ蕾のワレモコウやサラシナショウマなどについても、熱心な質問をいただきました。トップシーズンに入った伊吹山を語るには時間が足りません。
                      またのご来山をお願いしてお見送りしました。

                      報告は、C−NAでした。