付き添い登山ガイド

2018.10.07 Sunday

0

    10月5日(金) 曇り時々晴れ

    米原市 大東中学校1学年(90名)の伊吹山登山のガイドを『伊吹山もりびとの会』会員4名が付き添いました。

     

    台風が近づいておりますが、何とか天気が持ちそうなので実施されました。

    準備体操後、9時10分に3グループに分かれてスタート

     

    9時36分 1合目到着

     

    10時5分 2合目到着

     

    10時28分 2合目スタート

     

    11時10分 3合目到着

    ガイドから伊吹山の歴史、地域との関わり、山野草や薬草など説明の後、『伊吹山から見える風景』を描く授業の予定

    でしたが南東からの台風風が強く安全第一で写生大会は中止となり、昼食後クラス写真を撮って下山となりました。

     

    ハクサンフウロウ

     

    リンドウ

     

    センブリ

     

    ヤマラッキョウ

    3合目の秋の花、ハクサンフウロやイブキトリカブトはまだ元気に咲いております。リンドウは沢山咲いています。

    センブリは2分咲きでこれからです。ヤマラッキョウは数年前に比べると少なくなりました。

    12時51分 下山中2合目で休憩

    今回 30人単位の集団登山に一般登山者の方々は笑顔で対応して頂きありがとうございました。

    それにしても3合目は強烈な風が吹いておりました。

     

    報告はharinkoでした。

    伊吹山登山

    2018.09.18 Tuesday

    0

      9月17日 「敬老の日」なので敬老が久しぶりに伊吹山を登ってきました。

      7時30分 伊吹山に向かう途中の一枚です。

       

      駐車場は一番安い300円です。備え付けの袋に300円を入れ、車のナンバーを書いてポストに入れます。

      (無人なのでおつりはもらえません)

       

      8:24 裏登山口です。


      8:49 1合目(昨夜のビールが汗となり早くもペースダウンで5分休憩)

       

      9:14 2合目


      3合目はススキがいっぱいです。

       


      9:49 3合目 ここで初対面の花友?と合流 25分ほど散策(以後下山までお付き合い願いました)

       

      10:21 4合目

      10:33 5合目(5分休憩)

      11:01 6合目

      11:17 7合目


      11:36 8合目(10分休憩)岩肌にビッシリの緑はイブキジャコウソウで香りが風に乗って べりぃ d(>_・ )グッ!

       


      12:06 山頂(9合目はなぜか毎年標識なし)

       


      コイブキアザミとアキノキリンソウ(山頂)

       


      昼食後三角点をタッチして下山

       


      イブキトリカブト(山頂)

       


      シオガマギク(山頂)

       


      リンドウ(山頂)

       


      ミツバフウロ(登山道)

       


      ハクサンフウロ(3合目はメチャメチャ満開です)

       

      山頂のリュウノウギクは1週間くらいで開花が始まります。3合目のセンブリ、ヤマラッキョウは10月に入ってからかな?

      ゆっくり登って約3時間半。今の時期、登山は夏服でもOKですが山頂に吹く風は冷たく、一気に体を冷やしますので
      長袖の上着は必需品です。伊吹山登山は太陽を背に登りますから首筋の日焼けにも気を付けて下さい。

       

      報告はすご〜く久しぶりで忘れられた何時も一人で山登りの友達がいないharinkoでした。o(_ _)o ぺこっ♪

      自然観察会の報告です

      2018.09.13 Thursday

      0

        第5回自然観察会を行いました。

        山頂は雨の予報で麓の散策に切り替えて小雨の中で薬草の里文化センターの薬草園を丹念に1時間ほど観察したのちに小泉大久保地区に移動して身近に咲く秋の野草を観察しました。

        大久保の長尾寺ではご住職が丹精されたタマアジサイが境内一面に咲き始めていて雨上がりのみずみずしい姿で迎えてくれました。

        普段は見過ごしがちな足元の野草にも時間をかけて目を向ければ様々な発見があり、新たな興味も生まれて予定変更にも関わらず熱心で有意義な観察会となりました。

        ジョイ伊吹に戻りお弁当を食べながら和やかにおさらいをして花好きの仲間の話題は尽きません。

        皆様お疲れ様でした。来月は今シーズン最終回となります。10月の山頂はわずかな残り花と草紅葉の世界です。そんな中で何かが見つかるかもしれません。初冬の空気に触れながら琵琶湖やアルプスの展望を楽しめるシーズン最後の機会です。多くの参加者をお待ちしています。

        報告は、C−NAでした。

         

        保全作業の報告です

        2018.09.12 Wednesday

        0

          小雨と強風の中、東登山道沿いのシモツケソウ群落再生候補地の植生調査を、会員4名で実施しました。

          裸地、テンニンソウの多い地点、アカソの多い地点の3ケ所で、今後、これらの地点の再生事業を関係機関に提案していく予定です。

          幸い、途中で雨は止みました。

          山はすっかり秋の気配です。

          報告は、れいでした。

           

          平成30年度 第7回理事会

          2018.09.08 Saturday

          0

            今年度7回目の理事会をジョイいぶきで開催しました。夏の活動の振り返りやシモツケソウ群落保全等について話し合いました。

            保全作業の報告です

            2018.08.22 Wednesday

            0

              本日は、シモツケソウ再生地内の除草作業を行いました。

              台風の接近で南東の風が強い中、フェンス内の西側を中心に、フジテンソウやアカソ、ヨモギをカマで苅り取りました。
              報告は、F&モーリーでした。

               

              自然観察会の報告です。

              2018.08.17 Friday

              0

                8月の自然観察会が晴天の下で実施されました。参加者は全部で16名。遠く東京や名古屋からの方もありました。

                西登山道から登り、山頂でランチ。午後は東登山道を下りました。サラシナショウマやイブキトリカブト等秋の花がたくさん観察できました。

                何といっても今日は最高のお天気でした。御嶽山や白山、琵琶湖の風景や名古屋のビル群まで見え、山頂からの眺望が楽しめました。

                報告は、シャラでした。

                 

                山の日イベントの報告です

                2018.08.11 Saturday

                0

                  伊吹山ドラブウェイ主催の山のイベントに11名の会員が協力させていただきました。5班に分かれ、西登山道に常駐し、花のガイドを行いました。

                  本日は、家族連れや友人同士の登山が多かったように思えました。多くの方にルリトラノオをはじめ、シモツケソウ、ツリガネニンジン、イブキフウロ、イブキジャコウソウ、サラシナショウマなど夏から秋に移ろいゆく伊吹山の花を案内させていただきました。

                  これを機に、伊吹山の花や環境保全に関心を持っていただけるととても嬉しいです!

                  来年の山の日も楽しみです。

                   

                  報告は、鈴鹿の翡翠でした。

                   

                  ボランティアガイドの報告です

                  2018.08.05 Sunday

                  0

                    ボランティアガイド最終日は、6名の会員(F、ロード、はりんこ、naoteru、鈴鹿の翡翠)が、山頂、シモツケソウ再生地、西登山道に分かれ、ガイドを行いました。

                    今日も一日中、ガスがかからずに、琵琶湖が望める良い天気に恵まれました。日曜日ということで多くの登山者がありましたが、家族連れが目立ちました。

                    山頂の開花状況(西登山道)は、ルリトラノオが見頃を迎えています、美しい瑠璃色の穂をあちらこちらで見ることができます。伊吹山にお越しの皆様、伊吹山でしか見られないルリトラノオを是非、覚えて帰って下さいね。

                    アキノキリンソウ、ソバナ、イブキゼリモドキ、シオガマギクなど秋の花も次々と開花しており、多くの種類の花を見ることができます。

                    報告は、鈴鹿の翡翠でした。

                    エコツアーガイドの報告です

                    2018.08.04 Saturday

                    0

                       クラブツーリズム第2国内 41名様のガイドにシャラさんと行ってまいりました。

                       東京からのお客様、長浜(琵琶湖のロングビーチ)で前泊され[近江牛を味わい]そして[雲上の楽園・花咲く伊吹山頂]…と、文字通りグルメと絶景の旅ですねぇ!!

                       山頂 9時〜12時、3時間の周遊です。視界遮る雲はありません。句聖芭蕉の碑が先ず目に入りました。当意即妙な句ですね。

                      この天気です私は「そのままよ 琵琶湖もたのまじ 伊吹山 」と、アレンジしてみました。

                      (例え)琵琶湖が見えなくとも霧に覆われ水滴に暉る花たちの伊吹山のそのままがあれば十分ではないかと、…まばらな笑いが反ってきました。

                       シモツケ再生地のバネル前で緑の腕章のれいさんと出会いました。れいさんにネット内の説明をお願いしますと、これが良かった。保全への必要性と情熱と成果が、れいさんの優しい説明でツァーの皆さんに会の活動の理解が後々まで伝わっのです…れいさんありがとー。

                       

                       オオヒナノウスツボとマルバダケブキ、ウバユリが増えてきた様な ?

                       

                       

                        〜ゆっくりと中央登山道を下り、皆さん口々に今後伊吹山がどう変貌していくのかと話しながらバスの人となりました。

                       

                       またお会いしたいですね。報告は、イッシーでした。