保全活動の報告です

2019.09.25 Wednesday

0

     

     来年度計画している東登山道の擬木の撤去作業の現地調査を実施しました。駐車場より300m付近までは擬木が倒れていたり傾いているものが多く確認されましたが、そこより山頂までは傾いているものが一部ありましたが、撤去が必要なものはありませんでした。しかし、ロープの痛みが酷いため交換が必要です(往復2kmほど)。 

     次に植生回復が急務となってきている山頂ドリーネ部について、現地にて調査を実施しました。

    最後に、シモツケソウ再生地ネットの高さを下げるための作業計画の打ち合わせを現地で行いました。

     報告は、wanちゃんでした。

    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL