伊吹山・山頂の花

2018.07.14 Saturday

0

     

    来週末から始まるボランティアガイドを直前に控え、伊吹山山頂の花の様子を見てきました。西登山道から山頂に上り、東登山道を下ってきました。平地では、本日も猛暑となりましたが、伊吹山山頂は、平地より10度程気温が低く、また時おり吹く風が心地よいです。3連休ということもあり、ドライブウェイから、また登山道から、多くの人が山頂を目指していました。私も西登山道の途中からバスで来られたという親子の方と山頂まで、花の話をしながら登りました。

    琵琶湖方面は、雲海が広がり、眺望は望めませんでしたが、東から北方面は、きれいに晴れ渡り、御岳山や白山が見えました。

    今、見頃で目立つ花は、イブキトラノオ、ヤマアジサイ、オオバギボウシ、ヤマホタルブクロ、ホタルブクロ、キバナノカワラマツバ、キンバイソウ、ミヤマコアザミなど初夏の花々です。

    カノコソウ、シモツケ、コバノミミナグサ、カラマツソウ、ヒヨクソウ、バイケイソウ(東登山道)も、見頃は過ぎていますが、まだ見られます。

    クガイソウ、メタカラコウ、シシウド、イブキフウロ、イブキジャコウソウ、カワラナデシコなど真夏の伊吹山山頂を彩る花も咲き出しました。

    伊吹山山頂のボランティアガイドは、7月22日(日)から8月5日(日)の期間、平日は午前11時からの1回、土・日曜日は午前11時からと午後030分からの2回開催します。緑の腕章をつけた本会の会員が案内します。是非、お越しください!

     報告は、鈴鹿の翡翠でした。

    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL