春の研修会

2015.04.27 Monday

0
    4月25日は会員の「春の研修会」を実施
    米原市資料館の高橋順之さんの案内で大平寺跡と滋賀鉱山採石場の見学をしました。

    大平寺、集落跡地も現在は滋賀鉱山の敷地内にあり個人的には入れない場所で
    標高400m、伊吹山の6合目あたりにあった大平寺の集落跡で歴史と文化
    人々の暮らし向きなどについて学びました。

    大平寺跡 大門通
    真冬の子供たちの登下校は親さんがまず雪踏みをしてから麓の伊吹小学校に通っていたという
    話がとても印象的でした。

    山の中腹とは思えないような畑や広場があり井戸の跡も残っています。



    そんな暮らしを少しでも楽にと麓に集団移住した時の記念碑が建立され
    今は神社とともにひっそりと残っています。
     オドリコソウ
     イカリソウ
     イチリンソウ
    その後、滋賀鉱山(株)鉱山部豊田部長と技術スタッフの方の2名の案内で石灰岩の露天掘り
    現場を見学その採石現場は圧倒的なスケールで何か別世界に来た感じがしました。

    採石は発破を使って取り崩して大型重機で集石、超大型ダンプ(86t積)で運んで
    採石場近くの立て坑へ落とし込みベルトコンベアーで第1次砕石部て搬送。
    品質で3段階に分類される内で最上級の石灰岩は製鉄溶鉱炉の還元剤として使われることを初めて知りました。




    露天掘り採石場


    大型集石重機


    立て抗落とし口

    参加者は15名、4月とはいえ、五月晴れのような「春の研修会」でした。
    報告は、kenとC−NAでした。
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL