伊吹山登山道、上平寺尾根

2014.04.25 Friday

0
     上平寺尾根登山道は伊吹神社から弥高寺僧坊跡や京極氏の桐ヶ城(上平寺城)跡などを通り上野登山道5合目付近に合流する登山道です。
    この登山道はあまり知られていないため 殆ど登山者を見かけないので、登山届けは必ず出しましょう。


    分岐点、左の桐ヶ城跡、弥高寺僧坊跡を経由しても途中で合流します


    桐ヶ城(上平寺城)跡


    弥高寺僧坊跡


    前の分岐点からの合流地点です


    この辺から道が険しくなります


    登山道の確認用看板




    ガケ登り、登りきると左に登山道があります。かなりの勾配で20メートル以上あります


    ガケ登りから約20分、5合目より少し上の登山道に合流します





    この登山道はスミレが多く見られます。

    分岐点あたりまでは1時間ほどで登れ 道も初心者向きですが、後半は途中で登山道が見づらいところがあり、顔を上げて先の方を見ると道らしきものが見え、自分の立ち位置から たどると斜面に獣道のようなものが見えます。これは降雨時に水が流れ落ちる場所のようで道も流れてしまうと想像します。このような場所が数ヶ所あり、ここでコケたら数十メートル転がります。ミスコースしそうな場所にはテープが巻かれており、オンコースは看板で確認できます。また、熊笹が踏み倒してある斜面は絶対に滑り落ちますので必ず掴むものを確認して下さい。
    登りは写真を撮りながらあっちこっち歩き回りましたが、下りは1時間30分で降りました。
    今回も往復 誰にも会わず一人登山でした。鈴とストックと登山届けは必ずです。あと天気が悪くなりそうな日はやめましょう。

    報告は、はりんこでした。
    コメント
    鈴鹿の翡翠さん おはようございます。
    後半は険しい道ですが、スミレ大好きな人には楽しい道だと思います。
    ただ、イブキスミレは見当たりませんね
    他にはアマナ、カタクリ、イチリンソウ、ヤマルリソウ、ミチノクエンゴサクなどが見られました。
     はりんこさん、お疲れさまでした。
     厳しそうな道ですが、スミレもたくさん咲いており、魅力的で挑戦したいルートです。
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL