エコツアーガイドの報告です

2019.08.22 Thursday

0

    一人限定のツアーを案内しました。

    雷注意報の中、思わぬ好天!琵琶湖の対岸までの景色に皆さん感動!
    二泊三日で琵琶湖一周の旅を楽しまれるとのこと。どうぞ、良い旅を!
    報告は、立山のライチョウでした。

     

    エコツアーガイドの報告です

    2019.08.03 Saturday

    0

       

       

      クラブツーリズム・スポーツ(20名)様、ご案内してきました。

       

      花の百名山巡り初級組と銘打ったパーティーです。・・・皆さん鍔広帽子〜ミッドカット登山靴まで、整った装いですよ、トレッキング登山を続けていらっしゃるって感じが伝わって来ます。

       

      私自身、6日振りの伊吹ですが・・・コレが、これが!! 初花たち。

      (Nice to meet you!)*ルリトラノオ *クサボタン *シュロソウ *ワレモコウ *トモエソウ *ウバユリ *キオン *アサギマダラも。

      いゃー全く嬉しい、この事花巡りの皆さんに、感動をガイド出来ただろうか!?・・

       

      きょうは、山頂薄い霧で琵琶湖こそ見えなかったが、視界広く涼しかった(27℃)。又お子さん連れで賑わっていました。

       

      新宿の山パーティー様、クラブツーリズム様、ありがとうございました。 

      相方の丁寧なシャラさん ツァーの主導一切ありがとうございました。

      〔ナデシコや 子らも遊びて 伊吹嶺〕

       

      報告は、イッシーでした。

      エコツアーガイドの報告です

      2019.07.23 Tuesday

      0

         

        レイさんとコンビで[クラツースポーツ/花の百名山]・・・花が多いから! と、来られた23名様のご案内です。

         

        合流前のバスはウォーランド横の[Sekigahara花伊吹]に立ち寄ったとの事なので、傍に在った[不破の関]、関ヶ原の地名の由来、合戦など、歴史も織り交ぜ、伊吹山ってどんな山・何故花が多い!?。・・・等々、車中の四方山咄で上がったのでした。 

         

        12:00自販機前合流〜13:00山頂駐車場発登頂〜三角点〜中央道下山〜15:00バス発車。

         

        周遊は小雨と濃霧の中でしたが、留まらず、急がず、順調に時間配分通り花巡りが出来ました。シモツケソウ再生地辺りで雨具が取れました(皆さん涼し長音記号い、ホッ、の声)。

         

        主だった ヤマアジサイ・クガイソウ・キンバイソウ・シモツケ・シモツケソウ・(ヒメ・グンナイ・イブキ・ハクサン)各フウロ・ミヤマコアザミ・キバナノレンリソウ・クモキリソウ等々に出会えるたび、スマホならぬカメラを構える方々です。

         

        やはり花巡り重点のアルピニストの集まりの様相が窺い知れます。・・・また、中央道階段の北斜面に濃霧の中のサラシナショウマ盛花1本を見つけ教えられましたよ!

         

        ご一行様、更に木曽駒ヶ岳へと。(駒-桧尾-空木岳、縦走したなぁ、良い山やぁ羨まし-い)。

         

        皆さん! 花の百名山巡り完登をお祈りしていま長音記号す。

        レイさんコンビとしてありがとーございました。

         

          天空伊吹 名山花苑

          千色百彩 游山我醉

         

        報告は、イッシーでした。

        エコツアーガイドなどの活動報告です

        2019.07.17 Wednesday

        0

           

           

           本日は、エコツアー2団体のご案内と、シモツケソウ再生試験地の除草作業を行いました。最初の写真は、ヨモギとオオヨモギの見分け方に耳を傾ける参加者の皆さんの様子です。

           報告は、れいでした。

          エコツアーガイドの報告です

          2018.08.04 Saturday

          0

             クラブツーリズム第2国内 41名様のガイドにシャラさんと行ってまいりました。

             東京からのお客様、長浜(琵琶湖のロングビーチ)で前泊され[近江牛を味わい]そして[雲上の楽園・花咲く伊吹山頂]…と、文字通りグルメと絶景の旅ですねぇ!!

             山頂 9時〜12時、3時間の周遊です。視界遮る雲はありません。句聖芭蕉の碑が先ず目に入りました。当意即妙な句ですね。

            この天気です私は「そのままよ 琵琶湖もたのまじ 伊吹山 」と、アレンジしてみました。

            (例え)琵琶湖が見えなくとも霧に覆われ水滴に暉る花たちの伊吹山のそのままがあれば十分ではないかと、…まばらな笑いが反ってきました。

             シモツケ再生地のバネル前で緑の腕章のれいさんと出会いました。れいさんにネット内の説明をお願いしますと、これが良かった。保全への必要性と情熱と成果が、れいさんの優しい説明でツァーの皆さんに会の活動の理解が後々まで伝わっのです…れいさんありがとー。

             

             オオヒナノウスツボとマルバダケブキ、ウバユリが増えてきた様な ?

             

             

              〜ゆっくりと中央登山道を下り、皆さん口々に今後伊吹山がどう変貌していくのかと話しながらバスの人となりました。

             

             またお会いしたいですね。報告は、イッシーでした。

            エコツアーガイドの報告です。

            2018.08.04 Saturday

            0

               

               今日のエコツアーガイドは茨木県からの石塚サントラベルの20名様でした。

               西コースから中央コース約3時間で昼食をはさんでゆったりしたペースで楽しんでいただきました。動物除けのネットを見て自然保護活動に強い関心を示されました。初夏から秋までの花が混在している山頂のお花畑に歓声があがります。

               

               気温20度前後の山頂とはいえ歩けば汗だくになります。熱中症やけがなどのないよう緊張感が途切れないように時々お客様の体調を気遣いながらのご案内です。

               何事もなく無事に下山となり「今日は楽しかった〜」のお言葉にホッと胸をなでおろすガイドでした。

               報告は、C−NAでした。

               

              エコツアーガイドの報告です

              2018.07.30 Monday

              0

                 クラブツーリズムのカルチャー旅行センターの23名のお客様は前日の千畳敷散策に続き、伊吹山山頂のお花畑のハイキングにお越しいただきました。

                 時折ひんやりとしたガスに覆われたお花畑はもうツリガネニンジンやワレモコウなどが咲き始めて秋の気配です。

                 

                 先の台風の影響が心配されたサラシナショウマは、傷みもなく花穂を伸ばしてところどころ咲き始めています。次々と途切れることなく咲いている花を一つ一つ丁寧に観察しながらも、この時期は存分に案内するには時間が足りません。またのご来山をお願いして名残惜しくお別れしました。

                 

                 報告は、C−NAでした。

                エコツアーガイドの報告です。

                2018.07.29 Sunday

                0

                   昨日のエコツアーガイドの報告です。

                   「凉を求めて高原へ・・・可憐な高山植物が咲く伊吹山へ」。
                   長いタイトルですが、・・・部分に専門ガイドがご案内と入っているのです(誰か代わって!!)。
                   クラブツ-リズムロイヤル(16名)様は、揃ってウオーキングシューズで足元を固められ、装いは、このまゝ東京へ帰っても、新宿を歩ける軽装です。『凉を求めて』の謳い文句も頷けます、旅慣れているのですね〜。

                   きょうは、山頂 流れのない薄い霧の中ですよ…なのに、霧の上にスカイブルーの帯も重なっています。どなたかが『787に乗ってる気分ね 』と、…まさしく これはこれでまた初めての光景です。

                   パーティの中に、笑い上戸の女史が一人おられた。…花の名前の由来を話しする度に、身体を捩って他の人の笑いも誘発していたなぁ〜??…。アザミ、ヨモギ、ウバユリ、マユミ、フウロ三姉妹…が、そんなに可笑しいかなぁ!?。

                   クルマバナとイヌトウバナ、フウロ三姉妹、ミヤマトウキやボウフウ等、対比に関心を寄せられ、メモったり、熱心な御一行さんです。幾ら何でも早すぎ!?、イブキトリカブトの群落開花とマルバダケブキの観察で花巡りをシメました。

                   


                   お客様ファーストの添乗員さん時々刻々の気象の変化にも気遣われ感心していたのです。焼きりんごのドライフルーツ、甘くて美味しいですよ。わさびの茶漬け、辛-くて美味しいです。

                  いま頂いています。

                   楽しい一時、共々ありがとうございました…再見。 

                   

                   報告は、イッシーでした。

                  エコツアーガイドの報告です。

                  2018.07.28 Saturday

                  0

                     本日のお客様は東京からクラブツーリズムの「女性ガイドと歩く伊吹山」という女性限定の企画でお越しいただいた11名様でした。

                     トップシーズンでもあり台風の接近が気になり数日前から心揺れる担当ガイドでしたが、台風より早くご到着で適度なミストと琵琶湖から吹き上げる風に癒されつつ快適でさわやかなハイキングを楽しんでいただけたようです。

                     皆様、植物に強い関心を持たれて写真を撮りメモを取り、熱心な質問もありありでガイド冥利の2時間でした。風が強くなったころに無事下山となりました。また季節を変えてのご来山を心からお待ち申し上げております。

                     

                     報告は、C−NAでした。

                    エコツアーガイドの報告です

                    2018.07.26 Thursday

                    0

                      もりびとの会の皆さん お久しぶりです。

                      もう、会への空白、五年になりましょうか、体調回復を得て、この度、復帰させて頂きました、イッシーです。

                       

                      さて早速、723日に朝日旅行/ビューフリー水戸様(28)を案内いたしました。

                      ライチョウさんと二人で、って言うか 負んぶに抱っこされの同行でしたけど…。

                       

                      バラとウメが象徴の水戸御一行さま、豊公園のグラツィエ前泊だったらしくリッチな旅ですね。

                      彦根城内堀の黒鳥と不断桜は水戸市から贈られたもの。…案内に気合いが入ります。

                       

                      案内した午前840分〜正午までの時間帯は、伊吹山日和らしからぬ快晴日で、山頂花巡りも人出も少なく快適でした。

                       

                      元気な花たちとの再会。おんや〜!? あれは白のシモツケソウ やん!

                       

                      おおっ! グンナイフウロが まだ綺麗に1本残ってるぞ!

                       

                      え〜っ! ワレモコウが もう咲いてるやん…と、新鮮な驚きで始まります。

                       

                      メタカラコウ、キオン、トモエソウ、オトギリソウ、ウツボグサ、クルマバナ、ツリガネニンジン、シュロソウ、フウロ三姉妹、オオバギボウシ、コオニユリ、キヌタソウ、イブキボウフウ、ミヤマトウキ、コバノミミナグサ、クガイソウ、ルリトラノオ、カワラナデシコ、キンバイソウ、イブキトラノオ、キバナノレンリソウ、クサフジetc でした。

                       

                      いゃ-感動を貰いました。

                       

                      東の筑波・西ノ富士、朝日旅行の皆さまありがとうございました。

                      もりびとの会の皆さんこれからもよろしくお願いします。

                       

                      報告は、イッシーでした。