ボランティアガイド報告

2017.08.07 Monday

0

    6日 晴ときどき霧

    夏の伊吹山に咲く花々のガイドです。

    クガイソウ

     

    ルリトラノオ

     

    クガイソウ(左)とルリトラノオ(右)は葉っぱの付き方で判断します。

     

    ハート形の石がありました。みなさん見つけてください。(帰りに確認しようとしましたが何処だったか忘れました)

     

    シモツケソウが輝いています。

     

     

    山頂周辺お花のガイド前に伊吹山についての説明風景

     

    お花のガイド風景

     

    伊吹山頂

     

    定期的に霧が出ます。

     

    クルマバナ

     

    コオニユリは今までシカによる食害でほとんど見かけませんでしたが、ネット柵が功を奏して たくさん咲いております。

    他にはイブキジャコウソウ、メタカラコウ、イブキフウロ、ミツモトソウ、シシウド、キオンなどが見ごろです。

     

    伊吹山もりびとの会のボランティアガイドも最終日となり、今年も我々のガイドに耳を傾けていただき有難うございました。

    次は8月11日の『山の日』に伊吹山ドライブウェイ主催のイベント お花のガイドでお会いしましょう。

     

    報告はharinkoでした。

    8月3日の伊吹山

    2017.08.03 Thursday

    0

       本日は、4名の会員でボランティアガイドを行いました。また、本日は、元会員のイッシーさんも、体調が回復したためにガイドに参加してくれました。カムバックを期待しています。

       更に山さんと松さんは、別行動で次年度の保全作業の調査と9合目の鉄杭ロープの点検を行いました。

       山頂は、終日、濃霧で見晴らしが効かず、今年の夏を象徴するかのような天候でした。

       シモツケソウが見頃です。皆さん、是非、伊吹山にお越しください。

       報告は、Fでした。

       

      7月29日の伊吹山(ボランティアガイドの報告です。)

      2017.07.29 Saturday

      0

         ボランティアガイドの7日目は、5名の会員で、シモツケソウ再生地前と山頂に分かれ、花のガイドを行いました。クガイソウ、イブキトラノオ、カワラナデシコなど色とりどりの花が見頃を迎えています。
         また、コオニユリ、ルリトラノオ、メタカラコウも咲き出し、山頂のお花畑は賑やかになってきました。

        【エコツアーガイド中の立山のライチョウさん、C−NAさん、ロードさん】


         報告は、鈴鹿の翡翠でした。

        事前研修会の報告です。(7月22日の伊吹山)

        2017.07.22 Saturday

        0

           23日(日)から始まる、山頂でのお花畑ボランティアガイドに向け、事前研修会を行いました。午前中は、ジョイいぶきで、伊吹山の概要と花の知識の情報を共有し、午後からは、現地(西登山道〜東登山道)を歩き、花の状況を確認しました。

          【エコガイド中のマロさん、シャラさんにも遭遇】

          【西登山道沿い】

           西登山道は、シカ、イノシシの食害を防ぐために設置されたフェンスの効果か、昨年よりかなり植生は回復してきています。イブキトラノオ、ミヤマコアザミ、キンバイソウなどが随所に咲いており、登山者の目を楽しませてくれます。クガイソウ、コオニユリ、メタカラコウも咲き始め、いよいよトップシーズンの開幕です。

          【東登山道】

           報告は、鈴鹿の翡翠でした。

          山頂の花情報

          2017.07.20 Thursday

          0

            7月20日

            保全作業が18日に終わっていましたので作業はなく、会員3名がボランティアガイドをしながら
            西登山道と中央登山道、ドライブウェイ駐車場の壁面をゆっくりと回りました。

            クガイソウ

             

            キンバイソウ

             

            ホタルブクロ

             

            カワラマツバ

             

            イブキトラノオ

             

            シモツケソウの蕾

             

            ウツボグサ

             

            キヌタソウ

             

            イブキジャコウソウ

             

            カラマツソウ

             

            下界は猛暑、山頂は薄曇りに時折晴れ間が出たり適度に吹き上げてくる風と伊吹山名物のミストに包まれて快適な観察日和となりました。

            夏のお花畑は例年より1週間ほど遅れてあと数日でシモツケソウの開花が見られるかと思います。

            コオニユリ、ハクサンフウロ、イブキフウロ、シモツケソウが咲きそろえば いよいよお花畑の競演が始まります。

             

            報告はC-NAでした。

            シモツケソウ試験地のネット柵張り出し作業

            2017.07.16 Sunday

            0

              7月16日(曇のち晴れ)

              西登山道のシモツケソウ試験地の見ごろを迎えるにあたって、昨年多くの来山者から「キレイに咲いたシモツケソウの写真に柵が写ってしまうのでもったいない」

              との意見が多数寄せられ、ネット柵を登山道まで移動する作業を行いました。

              8時30分ころ山頂付近は霧がかかり、かなり涼しい
              キバナノカワラマツバとヤマホタルブクロ
              ヤマアジサイイ
              現場に必要な工具と資材を上げ作業前のミーティング
              ネットを外し支柱を登山道脇まで移動
              支柱を自家製の杭打機を使っての打ち込み作業
              支柱を打ち終わって午前の作業は終了。
              イブキトラノオ、ミヤマコアザミ、キバナノレンリソウ、シモツケなどが咲き乱れております。
              お昼頃からは霧も晴れ、吹く風が下界の蒸し暑さを忘れさせてくれます。
              午後からはネットの張り出し及び固定作業に入ります。
              これでネットの間にカメラ(レンズ)を寄せれば柵は写りません。3時30分、本日の作業を終え 残った細かいところは18日に予定しております。
              イヌワシの飛び立ちを待つカメラマンたちが全国から集まっております。
              今回は後期高齢者7名による作業。パワーはないが経験値からのコツがあり、涼しいなか和気あいあいの作業日和でした。
              報告はharinkoでした。

              エコツアーガイドの報告です

              2017.07.09 Sunday

              0

                 クラブツーリズム様の“女性ガイドと歩く伊吹山”ツアーのお客様20名様を西登山道から山頂へとご案内しました。

                 全員が女性で全員が一人旅という企画ながらバスの中から皆様和気あいあいで楽しく和やかな雰囲気でした。

                 心配されたお天気も時折薄日が差し、風もあって心地よいハイキング日和でした。

                  色様々なアジサイやキンバイソウ、ホタルブクロ、イブキトラノオ、ミヤマコアザミなどなど写真を撮ったりメモしたり熱心な観察ぶりです。3時間弱の短い行程では伝えられないこともたくさんありますが「こんなお花いっぱいの山にバスでお手軽に来られてよかった、またいつかぜひ来たい。」とのお言葉を頂き再会を楽しみにお見送りしました。

                 報告は、C−NAでした。 

                保全作業の報告です

                2017.07.07 Friday

                0

                   会員3名で、シモツケソウ再生地内のフジテンニンソウ、アカソ、ヨモギを草刈り機で指定区域内を除草しました。

                   再生作業から3年目を迎え、シモツケソウの株が大きくなり、刈り取らないよう慎重に作業をすすめました。

                   また、登山道側のヒメジョオンを手作業で引き抜きを行いました。

                   最後に、7月16日、18日に予定している作業の工法、必要作業工具の確認し、下山しました。

                   報告は、山さんでした。

                   

                  定期観察会の報告です

                  2017.06.20 Tuesday

                  0

                     明日からは本格的に梅雨の気候に変わるという貴重な日にトップシーズン前の伊吹山山頂お花畑を入念に見て歩きました。

                     クサタチバナやグンナイフウロ、イブキシモツケなどがピークを迎えて、新緑の山全体にさわやかな白い花が広がっています。

                     草むらはクガイソウ、ルリトラノオ、コオニユリ、セリ科の野草、他様々な夏の花が順調に伸び始めています。

                     昨年一昨年と獣害で花が激減して寂しかったお花畑が本来の姿を取り戻しつつあります。伊吹山は草花だけでなく樹木の花もたくさん見られます。

                     西コースにはカマツカ、ミヤマイボタ、サワフタギ、東コースにはゴマギ、シナノキ、ツルアジサイなどが咲き始めました。ジョウビタキや鶯もないています。ホオジロが羽虫を捕まえてうれしそうに鳴いていました。自然豊かな伊吹山がいよいよハイシーズンを迎えます。

                     報告は、C−NAでした。

                    保全作業の報告です

                    2017.06.18 Sunday

                    0

                      セイヨウタンポポの除草作業での取り残しの除草を5名の会員で行いました。

                      8合目駐車場1名、西登山道2名、中央登山道2名に分かれ除草を行いました。

                      作業終了後の計測では、9.8kgでした。

                      日曜日で登山者が多いと思われたが、意外にドライブウェイの利用者は少なく、登山口から表登山道を利用しての登山者が多い様に思われた。

                      報告は、山さんとモーリーでした。